この間、タロンくんのThirst Tweets(自分に対するエロ系ツイートを読み上げさせられる人気企画)を訳したんですが。ここはひとつ、「Rocketman」で共演してタロくんとの仲良しぶりが話題になっているマッデンさんの回も訳したいと思います! タロンくんのはこちらにありますので、よろしければ併せてどうぞ。

 

 

 

Thirst Tweet
リチャード・マッデンにならバスで轢かれてもいいし、それでも彼にフェラしたい。

 

リチャード:……えーっと。その順序でやるの?

 

 

リチャード:ハロー、おれは「ボディーガード」でボディーガード役を演じているリチャード・マッデン。これから「Thirst Tweets(※自分に対するエロ系ツイート)」を読もうと思う。

 

 

Thirst Tweet
みんな「シンデレラ」を見に行ったほうがいい、映画の90%はリチャード・マッデンの股間のふくらみと尻だし、見る価値大アリだから。

 

リチャード:これは事実だとも。水色のドレスを着たきれいな女の子とは何の関係もない映画だからね。 (※もちろん皮肉です😂)

 

 

Thirst Tweet
リチャード・マッデンの顎のラインを見ると、おれ男だけど勃起する。

(※ man boners:マンクラッシュの性的バージョンみたいな言葉で、男性が男性に対して思わず勃起しちゃうぐらいセクシーでかっこいい的な褒め言葉です)

リチャード:ありがとう、嬉しいよ。

 

 

Thirst Tweet
わたし胸毛とか髭とかその手のものが嫌いだったんだけど、リチャード・マッデンを見て人生が一変したわ。

 

リチャード:どうもありがとう。おれはその手のものを維持するためにとても努力しているからね。 (※これも微妙な皮肉というかジョークですな😂)

 

 

Thirst Tweet
最近ようやく「ボディガード」を見たんだけど、リチャード・マッデンを見ただけで妊娠しちゃったみたい。

 

リチャード:ああ、それはよく起きることだから気をつけないと。

 

 

Thirst Tweet
全然関係ない話だけど、わたしジョン・スノウを口でしながら、ロブ・スタークに後ろからされたい。彼らがシャワーしてなくても問題ないわ。

 

リチャード:……きみのことが心配だよ。 (※きみ、大丈夫?的な😂)

 

 

Thirst Tweet
リチャード・マッデンは、もう存在自体がサースト・トラップ(ハニトラ)。

 

リチャード:「サースト・トラップ」って音楽のジャンルか何かかな? サースト・トラップか…褒め言葉だと受け取っておくよ。

(※thirst trap:本来は、SNSなどで注目を集めるためにセクシーな写真などをアップする行為やその写真自体を指すんですが、このツイートでは「もはや存在自体が色気の塊、生きてるだけでセクシー」ぐらいの意味合いです笑 ちなみに、ヒップホップから派生したクラブミュージックに「トラップ」というジャンルがあるので、マッデンさん的にそのイメージが浮かんだのかな〜と思いましたん)

 

 

Thirst Tweet
ワオ、「ボディガード」はリチャード・マッデンの尻を抜きにしても素晴らしいドラマだった。

 

リチャード:……。(ふむ、という顔)

 

 

Thirst Tweet
「ボディガード」が今日からネットフリックスで配信されるから、私もリチャード・マッデンの左顎の筋肉がエミー賞に選ばれるようにキャンペーンを開始したいと思う。6エピソードあるんだけど、そこが本当に酷使されてるから。

 

 

リチャード:これは本当にそうなんだよね。セリフがあまりないから、とにかく歯を食いしばってることが多かったんだ。

 

 

Thirst Tweet
飛行機のなかでリチャード・マッデンのことを考えていたら、乳首が固くなっちゃった。

 

リチャード:正直いうと、たぶんエアコンが効きすぎていただけじゃないかな(笑)

(※英語だとエアコンのことはACと言うひとが多いので、マッデンさんが「エアコン」と話しているのはちょっと新鮮でした。あと、「to be fair」は字義通りには「公平を期するために言うと」という意味ですが、イギリスだと「正直いうと」ぐらいの意味で使うひとが多いです)

 

 

Thirst Tweet
リチャード・マッデンを前かがみにさせて、髪をつかんでひっぱり、その背をのけぞらせて、鉄のこぶしが濡れた紙を破っていくようにめちゃくちゃにしてやりたい。

 

リチャード:……うちの母親がこれを見てないといいんだけど。

 

 

Thirst Tweet
タロン・エジャトンとリチャード・マッデンがカップル役を演じるなんて。ありがとう、ゲイの神よ。

 

リチャード:ゲイの神がいるとは知らなかったけれど、その神さまはわれわれに(カップル役という)恩寵を授けてくださったんだね。

 

 

 

リチャード:今ので、このひどいバケツの中身がなくなったのでおしまい。(※バケツを逆さまにして振る)

 

以上です〜!
タロンくんのが、Thirst Tweetsにしては穏やかな内容が多かったのに対し、マッデンさんのは番組歴代の中でもかなり強烈な感じで、さすがセクシーさで定評のある俳優さんだと思いました…😂💕 まあ、これでもたぶん配信できる程度のものを選んでいるんだとは思うんですが、マッデンさんみたいにさくさく真顔で切って捨てていけるタイプのひとじゃないときついかもしれないですね……いやはや、濃ゆい内容でした😂

それにしても。マッデンさん、ドライなユーモアのセンスというかタイミングが抜群ですよね。もう一発目の「……その順序で?」から爆笑してしまいましたよぅ! 身振り手振りもにぎやかに話すタロンくんとちょうど正反対の静かで落ち着いた雰囲気で、そういうところも気があう要因かもしれませんね(実はリチャードは慣れるとおしゃべりなんだよ〜とタロンくんが言ってましたが💕)

本当は、こういうユーモラスな内容のものは字幕をつけたほうが臨場感があっていいとは思うんですけれども。何しろ字数に制約があるので、なるべくフルに内容をお伝えしたくて、前回も今回もこういう方式でやってみました。読みにくいかもしれませんが、ぜひ動画とあわせてご覧くださいね☺️💕

(Visited 1,438 times, 78 visits today)