【この記事は2016年11月2日にぷらいべったに投稿したものの再掲です】

キングスマンのパネル(2014年のサンディエゴ・コミコン)での、コリンさんによるタロンくんの紹介が愛情に満ちていて凄かったので、聞きとり和訳してみました♡

(1’37″あたりから)

コリン:I play this young man’s mentor, but um…in reality I think the roles were quite reversed. I took so much um…informatio…um, inspiration from this boy, and uh…he taught me an immense amount about how to conduct myself in a film like this. He’s an absolutely likable human being and an inspirational actor. And he will NOT need an introduction after this comes out. This is Taron Egerton.

わたしは作中でこの青年のメンターを演じているのだが、現実において、役割は逆だったように思う。わたしはこの子から本当にたくさんのインスピレーションを受けたし、このような作品においてどう振る舞うべきなのか、計り知れないほどいろいろと教わった。彼は信じられないほど好感がもてる人物である上に、感銘を与えてくれる俳優でもある。そしてこの映画が公開された暁には、このような紹介文はもはや不要となるだろう。みなさん、タロン・エジャトンです。

*-*-*-*-*-*-*

うわお…!! かなりの褒めっぷりです!
コリンさんはいろんなインタビューでもタロンくんのことを褒めていますが、もう初手からこんな感じだったんですね。タロンくんからたくさんのインスピレーションを受けた、という言いかたがとても素敵です♡ いろいろ教わったというのは、これがコリンさんにとっては初めてのアクション映画だったからというのもあるとは思うんですが(ゆえに、新人タロンくんとの経験値の差が多少是正される)、それでもなかなか凄いことですよね。

なにより、この映画が公開されたら、もう紹介なんていらなくなるぐらいこの子は有名になるよ、という感じの最後の言葉に、コリンさんの深いふかい愛情を感じました(not 部分の発音の強さよ!)。それを聞いて、出てきたときに照れくさそうに笑うタロンくんも可愛いです♡

それにしても。ほかの俳優さんのことは原作者のマーク・ミラー氏が紹介しているのに、なんでタロンくんのことだけコリンさんが紹介してくれることになったのか、そこが知りたいです…! 動画がちょうどその直前で切り替わってて、そのあたりの事情がわからないんです〜!(><)

(Visited 373 times, 10 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です